ご予約・お問い合わせ tel 025-795-2750






企業概要
奥只見ネイチャーカレッジ
奥只見丸山スキー場
観光&体験
奥只見エリア
尾瀬エリア
奥只見ギャラリー
アクセス お問い合わせ
リンク
船長ブログ
facebook
youtube
デジタルパンフダウンロード

尾瀬口コース  :  Oze course

遥かな尾瀬への近道、新潟からの玄関口 奥只見をご利用下さい。

※本ページは平成29年度版です。 
※B便が時刻変更となりましたので、必ずご確認お願いいたします。
※A便が土日祝日のほかに7/15〜8/13の期間は毎日運航いたします。


クリックで拡大

●平成29年度の運航期間
6月1日(木)〜10月15日(日)
●所要時間(片道)
約40分
●船・会津バスとともに完全予約制となります。 ご予約は魚沼市観光協会(TEL:025-792-7300)へ

           
【運航表】
●定期便(B便・C便)
  奥只見→尾瀬口 尾瀬口→奥只見
奥只見発 尾瀬口着 尾瀬口発 奥只見着
B便 9:25 10:05 10:15

10:55

C便 15:20 16:00 16:10 16:50

A便 7:50 8:30 8:40 9:20

※A便(早朝増発便)は、6月1日(木)〜10月15日(日)の土・日・祝日及び7/15〜8/13のみ運航。
※出航時刻は変更となる可能性もございます。
※平成29年度はB便が上記時刻の通り変更となります。平成28年度と時刻が異なりますので
  ご注意ください。

 

 
【料金表】平成28年度版
  大 人 小 人 大人団体 小人団体
片道 1,250 630 1,130 570
往復
2,250 1,130 ■注

<単位:円(税込)>
●団体料金…大人換算で20名以上(小人2名で大人1名に換算)
●障がいのある方は定価の5割引です。ご利用の際は窓口にて手帳をご提示下さい。(円単位端数切上げ)
●手荷物 100円(30×30×60cm、1kg〜)
●大人=中学生以上 小人=小学生 幼児=無料(幼児2名で小人1名扱い)
■注 往復団体割引料金はございません

●ダム湖の水位又は気象条件等により、欠航、運航船及び運航期間が変更になる場合がございます。
● 運航船は予告なく変更する場合がございます。
● 奥只見駐車場より乗船口付近のダムサイドまで、車椅子でもご利用頂ける「スロープカー」がございます。(片道100円 所要時間:約3分)
● 駐車場約700台収容(駐車料金無料)

【ご予約受付開始日】
期  間 受付開始日
6月1日(木)〜10月15日(日)迄のご利用予約
団体様 平成29年2月1日(月)
個人のお客様は魚沼市観光協会へ
お問い合わせください。
●受付開始前のご予約受付はいたしておりませんので、予めご注意下さい。
●受付開始日から1週間程度は予約のお申込が集中する為、ご予約処理完了の回答の遅れが予想されますので、予めご了承下さい。
●船・会津バスとともに完全予約制となります。ご予約は魚沼市観光協会(TEL:025-792-7300)へお問い合わせください。
●個人のお客様は魚沼市観光協会HPからネット予約も承っております。
   
【尾瀬口からの予約バスについてのご案内)】
尾瀬沼の入口に位置する沼山峠と、遊覧船尾瀬口乗船場の間は、予約制バスでのご移動となります。
主な停留所への所要時間と参考料金(H27料金)
ルート
所要時間
料金(片道)
尾瀬口→御池(みいけ)
約45分
1,140円
尾瀬口→沼山峠(ぬまやまとうげ)
約65分
1,540円
●船と会津バスのご予約及びお問い合わせは魚沼市観光協会(TEL:025-792-7300)へどうぞ。

【尾瀬日帰りモデルルート】
 ★往 路★
移動手段
遊覧船
予約バス
徒歩(約70分)
発着場所
奥只見発
尾瀬口着
尾瀬口発
沼山峠着
沼山峠発
尾瀬沼着
発着時刻 A便
7:50
8:30
8:40
9:45
9:50
11:00
B便
9:25
10:05
10:10
11:15
11:20
12:30
【尾瀬滞在時間(目安)  A便利用:2時間30分前後   B便利用:1時間前後】
 ★復 路★
移動手段
徒歩(約70分)
予約バス
遊覧船
発着場所
尾瀬沼発
沼山峠着
沼山峠発
尾瀬口着
尾瀬口発
奥只見着
発着時刻
13:35
14:45
15:00
16:05
16:10
16:50

【奥只見-尾瀬口コース見どころ情報 】
@燧ケ岳(標高2,356m)
東北一の高さを誇る燧ケ岳がご覧頂けます。約1万年前の火山活動により、尾瀬ヶ原と尾瀬沼の原型を作り出した山です。ここからの眺めは双峰で富士山のような滑らかな山裾をしています。
A虚空蔵岩
ダム建設による水没前から住民たちの自然信仰の対象として崇められていました。 切り立った岩にオーバーハングした姿はいかにも神が宿りそうな気がします。

尾瀬の草花等の情報はこちらからどうぞ→財団法人尾瀬保護財団


supported by
■問い合わせ先/奥只見観光(株) TEL:025-795-2750
J-Power キリン 深雪の里 さかえや
村上屋旅館 ゆ〜パーク薬師 ゆのたに荘